妊婦の染毛剤使用と生まれた子供の3歳時のアレルギー疾患との関係について〜山梨大学の研究より〜

国立大学法人山梨大学のエコチル調査甲信ユニットセンターの研究チームは、環境省の「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」による104,062人の妊婦のデータを用いて、妊婦の染毛剤の使用状況と生まれた子どもの 3 歳時のアレルギー疾患との関連について、同意撤回、死産、流産、染毛剤の使用及び生まれた子供の3歳時のアレルギー疾患のデータに欠測がある人を除いた77,303人を対象として解析しました。

その結果、染毛剤を自宅で使用した妊婦と、職業で使用した妊婦はどちらも、使用していない妊婦と比べて、生まれた子どもが 3 歳時に気管支喘息やアレルギー性鼻炎になりやすい傾向があることが明らかになりました。

 また、妊婦の染毛剤の自宅使用の頻度が上がるほど、生まれた子供が3歳時にアレルギー性鼻炎を発症する可能性も高まる傾向にありました。

 なお、本研究に用いた染毛剤の使用状況については、質問票調査の回答によるものであり、必ずしも実際の染毛剤のばく露状況を反映しているものではありません。今後はより詳細な染毛剤の使用状況を含めた研究が望まれます。

本研究の成果は、令和3年6月 24 日付で環境医学分野の学術誌「EnvironmentalResearch」に掲載されました。

染毛剤は接触性皮膚炎を起こしやすく、蕁麻疹やアナフィラキシー、気管支喘息を引き起こすと報告されています。使用前には、必ずパッチテストをするように注意書きがされているところからも、理解できるものと思います。

白髪が気になる年齢の方および若白髪でお悩みの方で妊娠を希望されている皆さま、是非ともこの研究結果を受け入れていただき、妊活の一つの知識として取り入れていただけたら幸いです。

出典:https://www.yamanashi.ac.jp/wp-content/uploads/2021/08/20210803pr.pdf

厚労省発「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の拡充について(令和2年度第三次補正予算による拡充)

 不妊治療に対する厚生労働省のホームページは確認したことはありますか?

 意外と役に立ったり、不安材料の払拭になったりしますので、ぜひ一度確認してみてください。わけのわからない意識高い系のブログや整体、接骨院、整骨院、鍼灸、リンパサロンなどのような不確かな知識の人たちの発信記事ではなく、確実に真実の内容をつかむような癖をつけてください。

 今回掲載の内容は、治療支援事業についてです。

(内容ここから__________

不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、高額な医療費がかかる、配偶者間の不妊治療に要する費用の一部を助成しています。

 4月1日から、厚生労働省では「不妊に悩む方への特定治療支援事業」を拡充しました。令和3年1月1日以降に終了した治療が対象とのことです。詳しくは下記リンクからご覧ください。

主な拡充点としては

令和2年12月31日まで令和3年1月1日から
所得制限730万円未満(夫婦合算の所得)撤 廃
助成額1回15万円(初回のみ30万円)1回30万円
女性回数生涯で通算6回まで
(40歳以上43歳未満は3回)
1子ごと 6回まで
(40歳以上43歳未満は3回まで)
対象年齢妻の年齢が43歳未満変更せず

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047270.html?fbclid=IwAR0NpLQFlqDqNzSuqwkJdgF9mGEj-RbrsdHDblOUZyDZmSAFdkcIIGpE3vk

腸内細菌叢の乱れがアレルギー疾患の原因かー鶏卵アレルギーの小児腸内細菌叢分析、酪酸産生菌の減少を確認ー

食物アレルギーというのは、なかなか厄介なものです。

厚生労働省の発表によれば、我が国全人口の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患していて、急速に 増加している。
出典:リウマチ・アレルギー対策委員会報告書(平成23年)

ということであり、年々増加の傾向を辿ってきている。今回発表された内容は興味深いので紹介します。

(引用以下よりーーーーーーーーーー

学校法人関西医科大学(大阪府枚方市 理事長・山下敏夫、学長・友田幸一)小児科学講座(主任教授・ 金子一成)山岸満医師、同赤川翔平講師らの研究チームは、鶏卵アレルギーを持つ小児患者と、同年代 の健康な小児の腸内細菌叢を比較し、前者では腸内細菌叢の多様性が低下していること、腸内細菌叢に 占める酪酸産生菌※1 の割合が有意に低下していることを発見しました。

これは、鶏卵アレルギーを持つ小児患者 18 例と、健康小 児 22 例の便を用いて遺伝子解析を行い、両者の腸内細菌叢 について

  1. 多様性
  2. 酪酸産生菌の割合
  3. 構成菌目

を比較 した結果から分かったものです。酪酸産生菌は腸内で酪酸を 作り出し、その結果過剰な免疫を抑制する制御性 T 細胞※2 を増やすことが知られていることから、酪酸産生菌の減少は 制御性 T 細胞の減少を招き、過剰な免疫応答を防ぐことが できないためアレルギー症状をきたすと考えられます。
本研究成果は、酪酸産生菌の減少という腸内細菌叢の乱れ を改善させることが、各種アレルギー疾患の予防・治療につ ながる可能性を示したものと考えられます。
なお、本研究をまとめた論文が欧州科学誌『Allergy』(イ
ンパクトファクター:8.706)に 3 月 9 日(火)23 時付(日本時間同 10 日 8 時)に掲載されました。

ーーーーーーーーーー引用ここまで)

関西医科大学発表資料より

http://www.kmu.ac.jp/news/laaes7000000g08n-att/202100405PressRelease.pdf

ルイボス茶の摂取が関連した妊婦の症例

健康に良いとされるものも、組み合わせによっては問題となる典型なので、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の素材データベースから転載

https://hfnet.nibiohn.go.jp/img/siteTitleAdmin.png

ルイボス」危険情報:被害事例 (200817)
31歳妊婦 (日本) が、妊娠28週以降の数ヶ月間、チョコレートを週3 (摂取量不明) 、煮出したルイボス茶 (500 mL) を毎日摂取していたところ、妊娠400日の健診にて胎児心拍モニタリング異常が認められ、翌日に重症の胎児右心不全のため緊急帝王切開となった。出生児は経過観察にて改善し日齢6日で退院した (2019067739)
(2019067739) 日本周産期新生児学会. 2018;54(4):1136-9.

アレルギー性食品の早期導入は乳児の食物アレルギーを予防する可能性がある

 英国のロンドン大学キングスカレッジ、ロンドン大学セントジョージカレッジの研究報告によると、「卵やピーナッツなどのアレルギーを発症する食品を、離乳早期に子どもに与えることは、食品アレルギーの発症を予防に効果的」であろうという結果を得られた。

被験者:英国とウェールズの生後3か月の乳児1300人以上

研究方法:①早期導入群として生後3ヶ月から6種のアレルギー食品を母乳と一緒に与える。②標準群として6カ月間の母乳育児。以上の2グループに分ける。

結果:
1. 導入開始時に、食品感作のあった子供のうち、標準群では34.2%、早期導入群では19.2%が食物アレルギーを発症した。
2. 導入開始時にピーナッツに感作していた子供のうち標準群では33.3%、早期導入群では14.3%がアレルギーを発症した。
3. 導入開始時に卵に感作していた子供のうち標準群では48.7%、早期導入群では20.0%がアレルギーを発症した。
4. 食品の早期導入は、食物アレルギーの高リスクでない子供ではアレルギーのリスクを高めなかった。
5. 導入開始時に感作されていなかった子供では、両グループのアレルギー発症率に差がなかった。

早期導入群では、早期導入食品の過程を到達した割合は42%だったが、結果の違いは明らかであった。問題としてこの達成率の低さはあるが、母親の高齢、人種、生活の質が低いことと関連していた。

「これら結果は、子どものアレルギーに関する離乳食の推奨や、新しいガイドラインの開発に有効である。もし、早期にアレルギー源となる食品を与えることが推奨されるなら、私たちは、支援が必要な集団のデータを提供できる」

まとめ:

 アレルギーとなる食品を早期に与えると、ピーナッツや卵アレルギーの発症率が有意に少なかった。私たちの研究は、アレルギー食品を早期に与えることが、アレルギーの発症を抑える上で重要な役割を果たす可能性を示した。

あくまでも海外での研究結果の紹介です。よって、詳しくは専門医に相談するようにお願いいたします!

出典 世界の最新健康・栄養ニュースよりhttps://www.nibiohn.go.jp/eiken/linkdediet/news/FMPro%3F-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=69090&-lay=lay&-Find.html