ワクチン接種1回目

世界中で開発競争になっているワクチンですが、日本国内開発のものも年明けになるという話がありますね。

もう1ヶ月ほど前でしょうか、テレビのニュースで、インフルエンザの経鼻ワクチンが採り挙げられていて、「そのうち新型コロナウィルスに対する経鼻ワクチンも近々か?」という話でした。

自分の体を分析すると、感染症らしきものに関しては上咽頭(アデノイド)に感作することが多いので、できることなら経鼻ワクチンが良いのではないかという気がしています。

話を戻して

さて、9/5(日)に打った集団接種(ファイザー社製)レポートです。

9/5(日)
15:45 集合、説明
15:50 確認・問診
15:58 接種
    トリガーポイント注射のように、腫れぽったい感覚。
16:13まで 観察。腫れぽったさの感覚がイラストの肩から下のラインで出ている。(注:東洋医学の知識があって、感覚が敏感な人にしかわからない感じかと)
17:25頃 移動中に喉のイガイガが出る。1時間弱程度で気にならなくなる。
18:30頃 注射部位の腫れぽったさが何となく痛みになる。鼻の奥(上咽頭が乾いた感じが出る)
21:00頃 肩の前方への挙上が顕著に制限が出る。が、あげようと思えば上がる。
就寝中 横向きになると気になる。
9/6(月) 特にだるさはないが、気になるのは肩の痛み。可動域は肩の高さより上に挙げるのが難儀。
9/7(火)昼頃 肩は全く違和感なく動かせる。しかし、頭痛が出てくる。(頚椎症なので、筋緊張性頭痛はかなり慣れているのだが、それよりも痛い。カロナールを飲んでみたが、2割減くらい。
9/8(水) 朝起きた時には、ほぼ頭痛はない。

こんな感じでした。

全般的に、風邪をひいたかのような感じが出ましたが、怠さは気にならない程度です。周りの方に聞いても,喉のイガイガなど含めて,少し風邪っぽさは出たようです。

人によって免疫反応が違うというのは,本当に実感しました。

TOKYO2020陸上に思う〜リレーを例に〜

 さて、この投稿は陸上競技関係者に見られたくないところでもあるが、100mと4×100mRの事についてだけ書きたい。

 「気負い」

そんな言葉がぴったりではなかっただろうか。

あの多田選手の笑顔が引き攣り、持ち前のスタートも中間疾走も力みがちでレースが終わってしまった。

気がつけば彼の得意とするタイムゾーンである10秒1台である。それでも敗退。

そして山縣選手。

誰もが前回までのオリンピックの活躍を重ね合わせて期待をしていた。が、精彩を欠く走りとなった。

リレーの予選はタイム自体は8位通過だったが、かなりの安全策のバトンパスで行ったわけであったが、多田選手も山縣選手もキレがない動き。

さて、決勝はと言えば…

多田選手がかなりいいスタートを切った。

周囲と比べても、なかなか良い走りで差を広げていた。

そして山縣選手とのバトンパス…

残念なことに届かない。

山縣選手が単に気が早ったのか、それとも多田選手のスピードに圧倒されたため早く出過ぎたのか、それとも山縣選手の今大会に発揮すべき走力がここで発揮された結果スピードが上がりすぎたのか。今(8/6の23時の時点でインタビューを聞いてない状態での内容なのでご了承ください)はその程度の考えしか浮かんできません。はい。

何が言いたいか?

リハーサルができていないのです。

絶対的地位のある王者ではなく、今までも運の良さでメダルを獲得できていたのです。

用意周到にするのであればチャレンジャーは常に全力を前提に行くべきであって、それぞれの気持ちの結集がどれだけの力を増大させるかを予測できていなかった。

攻めた結果ではなく、リハーサルが足りてなかった。そんな気がします。

選手個人だけではなく、これはコーチ陣、とくにメンタルトレーナーとアスレチックトレーナーのミスです。仕上がり具合を綿密にコーチ陣と突き合わせるべきでした。

柔道、水泳、卓球など、毎回課せられた期待を十分に応えてくれています。

なぜ陸上はいつもこうなのか。

選手が悪いわけではなく、組織の体制を刷新すべきだと思います。

千葉すず選手の一件から、水連は変わりました。

陸上もいつかは変わって欲しい。そう願っています。

そして一番大切なこと。

みなさん、お疲れ様でした。

寝られない夜になるかと思います。

今はゆっくりお休みください。

頭鍼のYNSA・鍼灸リンパのコンディショニングセンター伊豆より、2021年を迎えて「新年のご挨拶」。

正月シーサー新年あけましておめでとうございます。

昨年からの新型コロナウィルス感染症の蔓延により、多くのことが制限されて大変な世の中となってしましました。そのような時代の流れの中でも、皆様にご愛顧賜りまして、誠にありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

2021年の今年も、新型コロナウィルス感染症が猛威を振るうことと思います。全国の検査陽性者の数は、このままいけば1日1万人超える危険性もあります。テレビで毎日のように報道される東京都の感染者も3000人~4000人は超えるのではないかと予想しております。

寒い季節に突入しますが、皆様の免疫力を下げずに無事に過ごせます様、今年もお手伝いをさせていただく所存であります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

満水と霧の小浜池〜三島市立公園楽寿園〜

長い梅雨と7月豪雨の影響により三島市立公園楽寿園の小浜池は、50年何年ぶりの満水。

8月に入っての日照りにより、そろそろ減衰する頃かと思われたのだが、昨晩の雨のお陰もあるのか満水は続いている。

今朝は用事があって楽寿園内を縦断して広小路へ抜けたのだが、南出口のところで小浜池を見ると霧がかかっていたので思わず脚を留めた。

画像では余り写っていないのだが、実際にはもっと幻想的でした。

危険な暑さの水分補給と塩分などのミネラル補給

長梅雨の後に、猛暑日となる日が続いていますが、皆さんいかがでしょうか?

投稿したはずがアップされてなかった不具合もありましたが、新型コロナウィルスの情報をかき集めるのに手一杯の状況でした。

さて、テレビなどでは一生懸命「水分補給と塩分補給を!」などと言っていますが、体調悪い方も多いのではないでしょうか?

  • スポーツドリンクでは濃すぎる。
  • 飲み口を犠牲にしないから、糖分が高い。
  • 口がベタベタして、余計に喉が乾く
  • グレープフルーツ他の果汁やクエン酸が入っていることが多く、胃が弱い人や胃酸過多の人には向かない。

 何が1番良いのか?

と考えた時、私は長年のスポーツ科学の研究と指導、マスターズアスリートとしての立場から、海水をそのまま粉末にした塩と黒糖だけでできたスポーツミネラルが1番おすすめです。

 ニガリ成分もそのまま粉末になった塩と黒糖が、色々と普通では考えられないきっかけも与えてくれます。

 猛暑日には、当センターをご利用の皆さんにお分けしてますので、お試しください。

 封を開けて、塩の顆粒と黒糖の粉末の混ざったスポーツミネラルを口に入れ、お水やお茶など水分で、少し口の中でクチュっと溶かしてから飲み込んでください。

 おうちならば、炭酸飲料に溶かして飲むのもありだと思います。私はシークヮーサーと炭酸が一推し!