ワクチン接種1回目

世界中で開発競争になっているワクチンですが、日本国内開発のものも年明けになるという話がありますね。

もう1ヶ月ほど前でしょうか、テレビのニュースで、インフルエンザの経鼻ワクチンが採り挙げられていて、「そのうち新型コロナウィルスに対する経鼻ワクチンも近々か?」という話でした。

自分の体を分析すると、感染症らしきものに関しては上咽頭(アデノイド)に感作することが多いので、できることなら経鼻ワクチンが良いのではないかという気がしています。

話を戻して

さて、9/5(日)に打った集団接種(ファイザー社製)レポートです。

9/5(日)
15:45 集合、説明
15:50 確認・問診
15:58 接種
    トリガーポイント注射のように、腫れぽったい感覚。
16:13まで 観察。腫れぽったさの感覚がイラストの肩から下のラインで出ている。(注:東洋医学の知識があって、感覚が敏感な人にしかわからない感じかと)
17:25頃 移動中に喉のイガイガが出る。1時間弱程度で気にならなくなる。
18:30頃 注射部位の腫れぽったさが何となく痛みになる。鼻の奥(上咽頭が乾いた感じが出る)
21:00頃 肩の前方への挙上が顕著に制限が出る。が、あげようと思えば上がる。
就寝中 横向きになると気になる。
9/6(月) 特にだるさはないが、気になるのは肩の痛み。可動域は肩の高さより上に挙げるのが難儀。
9/7(火)昼頃 肩は全く違和感なく動かせる。しかし、頭痛が出てくる。(頚椎症なので、筋緊張性頭痛はかなり慣れているのだが、それよりも痛い。カロナールを飲んでみたが、2割減くらい。
9/8(水) 朝起きた時には、ほぼ頭痛はない。

こんな感じでした。

全般的に、風邪をひいたかのような感じが出ましたが、怠さは気にならない程度です。周りの方に聞いても,喉のイガイガなど含めて,少し風邪っぽさは出たようです。

人によって免疫反応が違うというのは,本当に実感しました。

妊婦の染毛剤使用と生まれた子供の3歳時のアレルギー疾患との関係について〜山梨大学の研究より〜

国立大学法人山梨大学のエコチル調査甲信ユニットセンターの研究チームは、環境省の「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」による104,062人の妊婦のデータを用いて、妊婦の染毛剤の使用状況と生まれた子どもの 3 歳時のアレルギー疾患との関連について、同意撤回、死産、流産、染毛剤の使用及び生まれた子供の3歳時のアレルギー疾患のデータに欠測がある人を除いた77,303人を対象として解析しました。

その結果、染毛剤を自宅で使用した妊婦と、職業で使用した妊婦はどちらも、使用していない妊婦と比べて、生まれた子どもが 3 歳時に気管支喘息やアレルギー性鼻炎になりやすい傾向があることが明らかになりました。

 また、妊婦の染毛剤の自宅使用の頻度が上がるほど、生まれた子供が3歳時にアレルギー性鼻炎を発症する可能性も高まる傾向にありました。

 なお、本研究に用いた染毛剤の使用状況については、質問票調査の回答によるものであり、必ずしも実際の染毛剤のばく露状況を反映しているものではありません。今後はより詳細な染毛剤の使用状況を含めた研究が望まれます。

本研究の成果は、令和3年6月 24 日付で環境医学分野の学術誌「EnvironmentalResearch」に掲載されました。

染毛剤は接触性皮膚炎を起こしやすく、蕁麻疹やアナフィラキシー、気管支喘息を引き起こすと報告されています。使用前には、必ずパッチテストをするように注意書きがされているところからも、理解できるものと思います。

白髪が気になる年齢の方および若白髪でお悩みの方で妊娠を希望されている皆さま、是非ともこの研究結果を受け入れていただき、妊活の一つの知識として取り入れていただけたら幸いです。

出典:https://www.yamanashi.ac.jp/wp-content/uploads/2021/08/20210803pr.pdf

線香の煙を吸入すると喘息が悪化する?ー線香の煙が気道に及ぼす影響を科学的に解明ー

線香を使用する国や地域は、仏教圏を中心にアジアの国では広く使われています。日本では仏壇があれば常日頃線香を使用することも多く、最近ではエスニック雑貨店などで取り扱う「お香」でリラクゼーション効果を期待して利用する方も少なくは無いでしょう。

しかし、香りよりも気になるのは煙であり、煙は気道に影響を与えるのは容易に想像できる。

以下の新しい研究結果が発表されたので、ページを引用して、わかりやすく文章を変えずに見やすく編集しました。

(以下引用________________________

九州大学大学院医学研究院呼吸器内科学分野の松元幸一郎准教授、九州大学病院の神尾敬子医員、山本宜男医員らの研究グループは、線香の煙を吸入すると気道が収縮しやすくなり、気道を覆う上皮のバリア機能が低下することで、喘息を悪化させる可能性があることを明らかにしました。

 線香はアジアや中東の多くの国で、宗教的行事や香りを楽しむものとして慣習的に使用されています。線香を燃やすと多くの有害物質が発生し、タバコの燃焼時よりも高濃度のPM2.5が室内に長時間浮遊することが知られています。また最近の臨床研究で、線香を日常的に使用する家庭の子供は、使用しない家庭と比べて喘息のリスクが高く、肺機能も低下しやすくなることが報告されています。しかし、線香煙の吸入が、肺や気道の機能にどのように影響するのかは不明でした。

 本研究では、マウスに線香煙を吸入させると、気道過敏性が亢進(気道が収縮し喘息をおこしやすくなる)し、肺のタイトジャンクション蛋白※の発現が低下することを明らかにしました。さらに、線香煙は気道を覆う上皮細胞のバリア機能を低下させました。

これらの線香煙によるマウスの肺や気道への有害な作用は、線香煙吸入後に発生する酸化ストレスによるものであり、抗酸化剤を使用することで症状を改善することができます。

※タイトジャンクション蛋白は、細胞同士を密に結合させ気道上皮のバリア機能を保っており、炎症の原因となる吸入抗原が体内へ侵入することを防いでいます。

この成果は2021年3月31日付で「Scientific Reports」に掲載されました。

___________引用ここまで)

出典元:https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/585

ルイボス茶の摂取が関連した妊婦の症例

健康に良いとされるものも、組み合わせによっては問題となる典型なので、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の素材データベースから転載

https://hfnet.nibiohn.go.jp/img/siteTitleAdmin.png

ルイボス」危険情報:被害事例 (200817)
31歳妊婦 (日本) が、妊娠28週以降の数ヶ月間、チョコレートを週3 (摂取量不明) 、煮出したルイボス茶 (500 mL) を毎日摂取していたところ、妊娠400日の健診にて胎児心拍モニタリング異常が認められ、翌日に重症の胎児右心不全のため緊急帝王切開となった。出生児は経過観察にて改善し日齢6日で退院した (2019067739)
(2019067739) 日本周産期新生児学会. 2018;54(4):1136-9.

危険な暑さの水分補給と塩分などのミネラル補給

長梅雨の後に、猛暑日となる日が続いていますが、皆さんいかがでしょうか?

投稿したはずがアップされてなかった不具合もありましたが、新型コロナウィルスの情報をかき集めるのに手一杯の状況でした。

さて、テレビなどでは一生懸命「水分補給と塩分補給を!」などと言っていますが、体調悪い方も多いのではないでしょうか?

  • スポーツドリンクでは濃すぎる。
  • 飲み口を犠牲にしないから、糖分が高い。
  • 口がベタベタして、余計に喉が乾く
  • グレープフルーツ他の果汁やクエン酸が入っていることが多く、胃が弱い人や胃酸過多の人には向かない。

 何が1番良いのか?

と考えた時、私は長年のスポーツ科学の研究と指導、マスターズアスリートとしての立場から、海水をそのまま粉末にした塩と黒糖だけでできたスポーツミネラルが1番おすすめです。

 ニガリ成分もそのまま粉末になった塩と黒糖が、色々と普通では考えられないきっかけも与えてくれます。

 猛暑日には、当センターをご利用の皆さんにお分けしてますので、お試しください。

 封を開けて、塩の顆粒と黒糖の粉末の混ざったスポーツミネラルを口に入れ、お水やお茶など水分で、少し口の中でクチュっと溶かしてから飲み込んでください。

 おうちならば、炭酸飲料に溶かして飲むのもありだと思います。私はシークヮーサーと炭酸が一推し!