ワクチン接種1回目

世界中で開発競争になっているワクチンですが、日本国内開発のものも年明けになるという話がありますね。

もう1ヶ月ほど前でしょうか、テレビのニュースで、インフルエンザの経鼻ワクチンが採り挙げられていて、「そのうち新型コロナウィルスに対する経鼻ワクチンも近々か?」という話でした。

自分の体を分析すると、感染症らしきものに関しては上咽頭(アデノイド)に感作することが多いので、できることなら経鼻ワクチンが良いのではないかという気がしています。

話を戻して

さて、9/5(日)に打った集団接種(ファイザー社製)レポートです。

9/5(日)
15:45 集合、説明
15:50 確認・問診
15:58 接種
    トリガーポイント注射のように、腫れぽったい感覚。
16:13まで 観察。腫れぽったさの感覚がイラストの肩から下のラインで出ている。(注:東洋医学の知識があって、感覚が敏感な人にしかわからない感じかと)
17:25頃 移動中に喉のイガイガが出る。1時間弱程度で気にならなくなる。
18:30頃 注射部位の腫れぽったさが何となく痛みになる。鼻の奥(上咽頭が乾いた感じが出る)
21:00頃 肩の前方への挙上が顕著に制限が出る。が、あげようと思えば上がる。
就寝中 横向きになると気になる。
9/6(月) 特にだるさはないが、気になるのは肩の痛み。可動域は肩の高さより上に挙げるのが難儀。
9/7(火)昼頃 肩は全く違和感なく動かせる。しかし、頭痛が出てくる。(頚椎症なので、筋緊張性頭痛はかなり慣れているのだが、それよりも痛い。カロナールを飲んでみたが、2割減くらい。
9/8(水) 朝起きた時には、ほぼ頭痛はない。

こんな感じでした。

全般的に、風邪をひいたかのような感じが出ましたが、怠さは気にならない程度です。周りの方に聞いても,喉のイガイガなど含めて,少し風邪っぽさは出たようです。

人によって免疫反応が違うというのは,本当に実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA