酸化ストレス、抗酸化力、抗酸化力を高めるには

人体は酸素を利用してエネルギーを作りだしています。しかし、酸素を利用すると同時に活性酸素が体内に生じているわけです。
その生じた活性酸素が人体の細胞を傷つけます。シワ・しみなどを含めての老化、がん、脂質異常症や動脈硬化、糖尿病等の生活習慣病の原因ともなっています。

活性酸素は年齢とともに増えるといわれていますが、活性酸素を増やす因子は身の回りにたくさん存在しています。
その活性酸素によって酸化を抑えることを、「抗酸化」と呼びます。
「酸化」とは、わかりやすく言うと「金属に生じる錆」のことです。よって「抗酸化」とは、体の中を錆びつかせない(酸化を抑えること)ことになります。錆びさせる正体は活性酸素といいます。
金属の錆は自分では処理できませんが、我々の体では、活性酸素は体内酵素によって分解されます。ただ、活性酸素の生成量が多いと、分解(=無毒化)が間に合わずに細胞は傷を負います。
活性酸素の働きを抑えるのは酵素と抗酸化物質も活性酸素から体を守ります。
体内で生成される活性酸素の主な種類は、「スーパーオキシド」、「一重項酸素」、「ヒドロキシラジカル」。特に「ヒドロキシラジカル」は毒性が高いです。

体内に摂り入れられる抗酸化物質
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
カロテノイド
ポリフェノール
イオウ化合物
コエンザイムQ10

参考:健康長寿ネット(公益社団法人長寿科学振興財団)
https://www.tyojyu.or.jp/net/index.html

認知症は予防が可能に。「酸化ストレス」が重要な要因だった。

酸化ストレス・抗酸化力を高める方法については、別記事を参照してください。

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学の阿部康二教授のグループは、岐阜大学研究推進・社会連携機構科学研究基盤センター共同研究講座・抗酸化研究部門の犬房春彦特任教授らとの共同研究により、認知症の原因として酸化ストレスが重要なファクターであることを、臨床試験により世界で初めて実証しました。

認知症の原因として酸化ストレスが重要な因子であること、抗酸化配合剤 TwX により認知症が予防できることを世界で初めて実証しました。

今回の「抗酸化配合剤の認知症予防の実現」報告は、アミロイドβやタウタンパク質などの脳のゴミだけでなく、認知症には酸化ストレスの関与が非常に重要であることを世界で初めて臨床試験において実証し、今後の認知症予防薬のさらなる開発につながることが期待されます。

日本語出典:日本の研究.com https://research-er.jp/articles/view/83300

元論文: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/31476161/

破裂済み卵胞から体外受精に成功

不妊治療における「採卵」は、成熟卵胞に針を刺して吸引によって卵子を体外に出します。

卵胞が破裂して排卵してしまうと採卵ができないと言われていたため、点鼻薬や注射(黄体ホルモン抑制剤)で排卵を抑制し、採卵日に備えたわけです。

しかし、千葉大学大学院医学研究院の生水真紀夫(しょうずまきお) 教授と Natural ART Clinic 日本橋(寺元章吉理事長)の共同研究グループは、従来の体外受精では利用されてこなかった「排卵済み」とされる卵胞から高い確率で卵子を回収できることを見いだし、その卵子を使った体外受精に成功しました。

研究グループは、破裂済み卵胞の全てが卵子を押し出しているわけではないことを突き止め、破裂済み卵胞を穿刺・吸引することで、高い確率で卵子を回収できることを示しました。587 名の不妊症の患者さんの破裂済み卵胞を穿刺し、255 名(43%)から卵子を回収できました。この 255 名に体外受精を実施したところ、28 名(11%)に健康な新生児が生まれました。

また、40%以上もの卵子が破裂後も卵胞の中に留まっていることが判明したことから、今まで原因不明とされていた不妊の中には、卵胞が破裂しても卵子が押し出されずに無排卵」となっている事象が含まれている可能性が示されました。

今後は、体外受精に利用できる卵子の数が増えることで、体外受精の機会が増え、妊娠率が高まることを期待できるのではないでしょうか?

個人的には、空胞と呼ばれるような卵子を有さない卵胞の存在がどのような意味を持つのかを知りたい。

原典:Prematurely ruptured dominant follicles often retain competent oocytes in infertile women,Scientific Reports 掲載はOct.21,2019

日本語出典:https://research-er.jp/articles/view/83416

初めて来院・来店を考えている皆様へ

当センターは、基本的に予約制です。

 かつての鍼灸院では受付順の案内ということが多かったですが、現在、大多数の鍼灸院、マッサージ店では予約制をとっています。これは、確実に来院の皆様と向き合う時間を確保するためであります。

「すぐにやりたいから電話した」という方も少なくないのですが、初来院の方への検査や説明などに時間を取られるために、1.5人分~2人分の時間を割きます。よって、すぐに空けれらることがほぼないことが多いので、早めのご連絡をお願いしております。

1回で治りませんか?

 よく言われますが、日頃いろいろ気を付けておられる方でしたら、1回で症状が取れることも可能だと思います。病院や整体に何万円もの単位の金額、何カ月或いは何年もの期間を費やしているのに、我々鍼灸院では1回で治さないと「あそこは効かない」という方も多いのにびっくりします。

 難病治療はもとより脳動脈瘤やヘルニア、がんなどどこへ行っても希望が持てなかった方が通う六本木の有名鍼灸院さんでも、治すのに1回1万以上の金額で週1~3回通って10回とか30回とかかかるわけです。そこはご理解いただきたいところです。

不妊で悩んでいるときは週1回の12~15回。その後は状況を見ながら。ぎっくり腰なら1~3回単純な股関節痛なら3~6回程度が多いと思います。

 だいたい3回~5回を考えていただければよいかとも思います。

2,980円店や全国チェーンのリラクゼーションに行っていますが

 最近下火になって金額の底上げをするところも増えましたが今でも利用者がかなり多い2,980円揉み処店(無免許マッサージ)、全国チェーンのカタカナ店名や英単語店名の店(無免許マッサージ)、リンパマッサージ店(無免許マッサージ)に通われている方がほとんどだと思います。

そろそろ日本のリンパマッサージの源流を受け継ぐマッサージを受けてみませんか?

普通救命講習2を受講

日曜日はありますが、9/29は店休日にして普通救命講習2を受講してきました。

前回受講からすでに3年近く経つので、胸骨圧迫マッサージのチェックとAEDの使い方のおさらい。また、次年度ではガイドラインも変わると言われており、新しい情報の収集です。

グループ担当の講師の先生が救急隊で長く現場に出られていたので、現場での話とともに最低限必要なポイントを指導していただけました。

我々が学生の頃にフジヤマノトビウオこと「古橋廣之進」先生の授業中に救命法を習ったのですが、その頃は

胸骨圧迫5回・人工呼吸2回

の繰り返しでしたが、今は

胸骨圧迫30回・人工呼吸2回

とかなり胸骨圧迫に重点が置かれています。

習ったことが役立つ状況はあっても困るのですが、やはり一人間の常識として習得することは良いと思います。

消防署で講習をしていますので、是非とも問い合わせていただき、学んでいただけると良いかと思います。