危険な暑さの水分補給と塩分などのミネラル補給

長梅雨の後に、猛暑日となる日が続いていますが、皆さんいかがでしょうか?

投稿したはずがアップされてなかった不具合もありましたが、新型コロナウィルスの情報をかき集めるのに手一杯の状況でした。

さて、テレビなどでは一生懸命「水分補給と塩分補給を!」などと言っていますが、体調悪い方も多いのではないでしょうか?

  • スポーツドリンクでは濃すぎる。
  • 飲み口を犠牲にしないから、糖分が高い。
  • 口がベタベタして、余計に喉が乾く
  • グレープフルーツ他の果汁やクエン酸が入っていることが多く、胃が弱い人や胃酸過多の人には向かない。

 何が1番良いのか?

と考えた時、私は長年のスポーツ科学の研究と指導、マスターズアスリートとしての立場から、海水をそのまま粉末にした塩と黒糖だけでできたスポーツミネラルが1番おすすめです。

 ニガリ成分もそのまま粉末になった塩と黒糖が、色々と普通では考えられないきっかけも与えてくれます。

 猛暑日には、当センターをご利用の皆さんにお分けしてますので、お試しください。

 封を開けて、塩の顆粒と黒糖の粉末の混ざったスポーツミネラルを口に入れ、お水やお茶など水分で、少し口の中でクチュっと溶かしてから飲み込んでください。

 おうちならば、炭酸飲料に溶かして飲むのもありだと思います。私はシークヮーサーと炭酸が一推し!

認知症は予防が可能に。「酸化ストレス」が重要な要因だった。

酸化ストレス・抗酸化力を高める方法については、別記事を参照してください。

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学の阿部康二教授のグループは、岐阜大学研究推進・社会連携機構科学研究基盤センター共同研究講座・抗酸化研究部門の犬房春彦特任教授らとの共同研究により、認知症の原因として酸化ストレスが重要なファクターであることを、臨床試験により世界で初めて実証しました。

認知症の原因として酸化ストレスが重要な因子であること、抗酸化配合剤 TwX により認知症が予防できることを世界で初めて実証しました。

今回の「抗酸化配合剤の認知症予防の実現」報告は、アミロイドβやタウタンパク質などの脳のゴミだけでなく、認知症には酸化ストレスの関与が非常に重要であることを世界で初めて臨床試験において実証し、今後の認知症予防薬のさらなる開発につながることが期待されます。

日本語出典:日本の研究.com https://research-er.jp/articles/view/83300

元論文: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/31476161/