破裂済み卵胞から体外受精に成功

不妊治療における「採卵」は、成熟卵胞に針を刺して吸引によって卵子を体外に出します。

卵胞が破裂して排卵してしまうと採卵ができないと言われていたため、点鼻薬や注射(黄体ホルモン抑制剤)で排卵を抑制し、採卵日に備えたわけです。

しかし、千葉大学大学院医学研究院の生水真紀夫(しょうずまきお) 教授と Natural ART Clinic 日本橋(寺元章吉理事長)の共同研究グループは、従来の体外受精では利用されてこなかった「排卵済み」とされる卵胞から高い確率で卵子を回収できることを見いだし、その卵子を使った体外受精に成功しました。

研究グループは、破裂済み卵胞の全てが卵子を押し出しているわけではないことを突き止め、破裂済み卵胞を穿刺・吸引することで、高い確率で卵子を回収できることを示しました。587 名の不妊症の患者さんの破裂済み卵胞を穿刺し、255 名(43%)から卵子を回収できました。この 255 名に体外受精を実施したところ、28 名(11%)に健康な新生児が生まれました。

また、40%以上もの卵子が破裂後も卵胞の中に留まっていることが判明したことから、今まで原因不明とされていた不妊の中には、卵胞が破裂しても卵子が押し出されずに無排卵」となっている事象が含まれている可能性が示されました。

今後は、体外受精に利用できる卵子の数が増えることで、体外受精の機会が増え、妊娠率が高まることを期待できるのではないでしょうか?

個人的には、空胞と呼ばれるような卵子を有さない卵胞の存在がどのような意味を持つのかを知りたい。

原典:Prematurely ruptured dominant follicles often retain competent oocytes in infertile women,Scientific Reports 掲載はOct.21,2019

日本語出典:https://research-er.jp/articles/view/83416

母乳栄養児におけるビフィズス菌優勢な腸内フローラが形成される仕組みの一端が解明

少し古い記事ですが、見つけたのでアップ。

研究記事の引用ですから、出どころはしっかりしていると思いましたので、記事にしてみました。

ただ間違えて欲しくないのは、当センターとしては、母乳が出たら出たで良いし、出なかったら出なかって良いと思っています。

助産師さんのよくある「母乳信仰」、強烈な宗教じみた「母乳教」のような立場ではないことだけ付け加えておきます。

 酵素の立体構造が云々という研究内容ですが、詳しいことを理解するというより、この論文の説明の中にある情報に目を向けていただき、論文の導き出す結果ではなく、知識として持っていて欲しいことは以下の点にまとめられます。

1.授乳を開始するとビフィズス菌優勢な腸内フローラが形成されるが、離乳と同時にビフィズス菌優勢な腸内フローラは消滅する。

2.完全母乳で育てた乳児の糞便と、混合乳で育てた乳児の糞便では、ビフィズス菌の数は明らかに完全母乳の乳児の糞便の方に多い。

3.ヒトの母乳に含まれるオリゴ糖(母乳オリゴ糖)を利用するための酵素は、ビフィズス菌のみ有する。

 ビフィズス菌は、1899年にパスツール研究所のTissierによって、母乳栄養児の糞便に多くみられる細菌として単離されました(単離とは色々混ざっているものから、単一のものを抽出すること)。古い研究がいまだに生きているわけです。

 そして授乳を開始すると、すぐに乳児の腸管にはビフィズス菌優勢な腸内フローラ(腸内細菌叢)が形成されます。しかし、離乳と同時にこのビフィズス菌優勢な腸内フローラは消滅します。よって、人間の母乳の中にはビフィズス菌を増やすなにかがあると予測されていましたが、そのシステムは解明されていませんでした。

 そこで研究グループは、人の母乳に含まれるオリゴ糖(母乳オリゴ糖)を利用するための酵素(母乳オリゴ糖分解酵素)をビフィズス菌のみが有していることに着目して研究を進めてきました。今回の研究では特にラクト-N-ビオシダーゼという、母乳オリゴ糖の中でも含有量の高い、ラクト-N-テトラオースというオリゴ糖に作用する酵素に着目して研究を行っています。

 京都府内の助産院の協力を得て、完全母乳で育てた乳児の糞便と混合乳で育てた乳児の糞便を解析したところ、ビフィズス菌の数が完全母乳栄養児で有意に多いこと、またラクト-N-ビオシダーゼの遺伝子数も有意に高いことを見出しました。次に、X線結晶構造解析によりこのラクトN-ビオシダーゼの立体構造を解明することで、そのユニークな構造特性と詳細な反応機構を明らかとしました。ラクトN-テトラオースというオリゴ糖は、様々な霊長類の乳中でも人乳にのみ特に多く含まれている成分です。また、ビフィズス菌はヒトの乳児に特徴的に多く生息する細菌です。このことから、ヒトはその乳児期に積極的にビフィズス菌と共生するという進化をとげ、それを支えたのが母乳オリゴ糖であることが推察されます。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/170407_1.html

リンク先記事内にPDF資料あり

〇〇の鍼灸治療はやっていますか?

「腰痛の鍼やっていますか?」

「不妊の鍼やっていますか?」

「肩こりも対応してますか?」

「うつ病ですが…」

「部活で肉離れのケガをして…」

よくある問い合わせです。その度に悩みます。

鍼灸も漢方も、カイロプラクティックやオステオパシーと呼ばれる技術も、通常は

身体を整える(「本治」と言います)

ことを1番の目的としています。そして、その延長で今ある症状にアプローチ(「標治」と言います)をします。

よって、痛い場所を触らなくても痛みが取れることも多々あります。

国の施策でホームドクター制度が叫ばれて久しいですが、最近の医療は開業医といえども専門性が高すぎて、少しでも自分の専門家ら外れていると頼りなかったりします。今皆さんがお持ちの症状の不定愁訴や原因不明となっている根本はここに問題があったります。この現代に必要なのは「総合診療科」的な「昔のお医者さん」ではないでしょうか。

そういう医者だからこそ、「この人の普段とは違うから何かがある!」みたいに感じてもらえたのではないでしょうか。

さて、我々の業種でも同じかもしれません。

美容鍼灸専門

不妊鍼灸専門

スポーツ障害専門

腰痛専門

などなど、「〇〇専門治療院」という専門を挙げての広告をよく見かけます。

しかも、最近はスポーツ系をアピールする治療院や接骨院も多いですね。

でも、そこの先生方は、はたしてどれだけ勉強してきているでしょうか。勉強というのは、勉学という勉強と実際にその現場に居たり自分が経験したりしているかということですが…最低限、私以上の経験と知識を持ってから「スポーツに詳しい」というのをアピールして欲しいものです。

専門性をアピールする治療院・施術所の選択は、以上のことを踏まえてご利用ください。

確かな腕を持つ人も多くいます。

当方では、頚の問題でかなりひどいときには小田原の劉先生を紹介していますし、肩の脱臼や足の捻挫の症状がよくならない(骨に異常がない場合)は腕の良い接骨院へ(マッサージを主体にしている接骨院・整骨院は技術がありません)紹介しています。

漢方が必要で初めての人であれば漢方を処方するドクターを、既に処方された漢方でよくなっていない場合は、専門性の高い漢方薬局をご紹介しています。

全国を飛び回っているビジネスマンやアスリートには、信頼できる治療院をご紹介いたします。また、グローバル治療院をご希望の方もグローバルスポーツ医学研究所様の社長経由で紹介できますので遠慮なく申し付けください。

話が変な方向にずれましたが、症状をお持ちで悩んでいるのなら、一度ご相談いただければと思います。

不妊に悩む場合、どのタイミングで鍼灸を受けるべきか?

「いつ伺えば良いのでしょうか?」

そう聞かれることが多いです。

他院様はわかりませんが、当方は先記事の通り「◯◯症・◯◯病の鍼灸治療」というスタンスではありません。

身体・心(あるいは周辺関係)を良くすることが基本目的となります。

ですので、生理前中後など諸々の事情はありますが、

「来られる時、予定が立てられた時がそのタイミング」

と思ってご連絡ください。

「内膜が厚くならない」

「採卵できない」

「着床しづらい」

「ホルモンの値が低いあるいは高い」

「生理前後、排卵前後に不調がある」

「生理が不順」

など諸々の状況はそれぞれ違うでしょう。

ですが「心身共に良い状況にする」ということが大前提ですので、いつ来ても多少バラついても良いと思います。

そこは全てひっくるめて、その日その時の施術方針を考えてていきます。

ここの記事を見ている時点で、他院様や色々な病院を回られた方も多いと思います。30代後半もしくは40代の方も多いと思います。1療程を受け切る気持ちだけは持っていただければと思います。

必ず変化は出ます。

1療程中に授かる時も多いですが、1療程後の2周期で良い結果があることも多いです。

体の変化などもわかりやすいので、できれば定期的な間隔で来られるコトをお勧めします。

生理前・生理中・生理後などについても、特に問題はありませんので、いつでもご連絡ください。

男性側とご家族に理解して欲しいこと。

「もうそろそろ、子供もいいんじゃない?」

「どこどこの家で孫ができてね…」

「孫は可愛いみたいだよね!」

「あそこに子宝祈願してきたら?」

まぁ、普通の会話に聞こえるかもしれません。

嫌味でいう方もいなくはないでしょうが、基本的に悪気はありません。

しかし、その悪気のない一言は、不妊に悩んでいる方にとって最も心が痛む言葉なのです。

不妊治療が長引くほど、パートナーの実家にはいきたくはないのは当たり前。実は、自分の実家にもいきたくないと言われる方も少なくないのです。それを

「うちの息子ときたら、顔を出しやしない。嫁も来やしない。」

と感じないでください。言わないでください。

ホルモン剤を投与する。

採卵するもしくは採卵できない。

移植するもしくは移植できない。

着床しない。もしくは妊娠反応は出たけど育たない。

心音聞こえない…などなど。

要するに

女性は連続して傷ついている

ということです。

ご存知かと思いますが、毎日病院へ通わなければいけなかったり、毎日自己注射やパッチを貼らなければならなかったり、ホルモン剤の服用で辛い思いをしたり。

これだけやったのだから今度こそは!

と思ってもうまくいかない。

肩を落とすパートナーや実家の声、そして周囲の人からの何気ない言葉が耳に残る。

思った以上に傷つき続けているのです。

お腹の中では、複数の卵が育っては消え、育っては消え。

最後に残った数個のうちの「一番いい卵」とは限らないものから排卵する訳です。

ただでさえそうなのですから、だからこそ、妊娠の確立というのは尊い確率なのだということをご理解ください。

男性陣にお願いしたいこと。

男性としてパートナーとして、少しでも身に覚えがあるのなら改めてください。護れるのはあなたしかいないのです。

ここで協力できなかったら、出産に至った後に必ず子育て参画でぶつかると思います。そう、あなたの行動は、理解しがたいことにしか映らないからです。

だからこそ、人生のパートナーへの思いやりをお願いしたい。

そう思います。