酸化ストレス、抗酸化力、抗酸化力を高めるには

人体は酸素を利用してエネルギーを作りだしています。しかし、酸素を利用すると同時に活性酸素が体内に生じているわけです。
その生じた活性酸素が人体の細胞を傷つけます。シワ・しみなどを含めての老化、がん、脂質異常症や動脈硬化、糖尿病等の生活習慣病の原因ともなっています。

活性酸素は年齢とともに増えるといわれていますが、活性酸素を増やす因子は身の回りにたくさん存在しています。
その活性酸素によって酸化を抑えることを、「抗酸化」と呼びます。
「酸化」とは、わかりやすく言うと「金属に生じる錆」のことです。よって「抗酸化」とは、体の中を錆びつかせない(酸化を抑えること)ことになります。錆びさせる正体は活性酸素といいます。
金属の錆は自分では処理できませんが、我々の体では、活性酸素は体内酵素によって分解されます。ただ、活性酸素の生成量が多いと、分解(=無毒化)が間に合わずに細胞は傷を負います。
活性酸素の働きを抑えるのは酵素と抗酸化物質も活性酸素から体を守ります。
体内で生成される活性酸素の主な種類は、「スーパーオキシド」、「一重項酸素」、「ヒドロキシラジカル」。特に「ヒドロキシラジカル」は毒性が高いです。

体内に摂り入れられる抗酸化物質
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
カロテノイド
ポリフェノール
イオウ化合物
コエンザイムQ10

参考:健康長寿ネット(公益社団法人長寿科学振興財団)
https://www.tyojyu.or.jp/net/index.html

認知症は予防が可能に。「酸化ストレス」が重要な要因だった。

酸化ストレス・抗酸化力を高める方法については、別記事を参照してください。

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学の阿部康二教授のグループは、岐阜大学研究推進・社会連携機構科学研究基盤センター共同研究講座・抗酸化研究部門の犬房春彦特任教授らとの共同研究により、認知症の原因として酸化ストレスが重要なファクターであることを、臨床試験により世界で初めて実証しました。

認知症の原因として酸化ストレスが重要な因子であること、抗酸化配合剤 TwX により認知症が予防できることを世界で初めて実証しました。

今回の「抗酸化配合剤の認知症予防の実現」報告は、アミロイドβやタウタンパク質などの脳のゴミだけでなく、認知症には酸化ストレスの関与が非常に重要であることを世界で初めて臨床試験において実証し、今後の認知症予防薬のさらなる開発につながることが期待されます。

日本語出典:日本の研究.com https://research-er.jp/articles/view/83300

元論文: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/31476161/

普通救命講習2を受講

日曜日はありますが、9/29は店休日にして普通救命講習2を受講してきました。

前回受講からすでに3年近く経つので、胸骨圧迫マッサージのチェックとAEDの使い方のおさらい。また、次年度ではガイドラインも変わると言われており、新しい情報の収集です。

グループ担当の講師の先生が救急隊で長く現場に出られていたので、現場での話とともに最低限必要なポイントを指導していただけました。

我々が学生の頃にフジヤマノトビウオこと「古橋廣之進」先生の授業中に救命法を習ったのですが、その頃は

胸骨圧迫5回・人工呼吸2回

の繰り返しでしたが、今は

胸骨圧迫30回・人工呼吸2回

とかなり胸骨圧迫に重点が置かれています。

習ったことが役立つ状況はあっても困るのですが、やはり一人間の常識として習得することは良いと思います。

消防署で講習をしていますので、是非とも問い合わせていただき、学んでいただけると良いかと思います。

不妊に悩む場合、どのタイミングで鍼灸を受けるべきか?

「いつ伺えば良いのでしょうか?」

そう聞かれることが多いです。

他院様はわかりませんが、当方は先記事の通り「◯◯症・◯◯病の鍼灸治療」というスタンスではありません。

身体・心(あるいは周辺関係)を良くすることが基本目的となります。

ですので、生理前中後など諸々の事情はありますが、

「来られる時、予定が立てられた時がそのタイミング」

と思ってご連絡ください。

「内膜が厚くならない」

「採卵できない」

「着床しづらい」

「ホルモンの値が低いあるいは高い」

「生理前後、排卵前後に不調がある」

「生理が不順」

など諸々の状況はそれぞれ違うでしょう。

ですが「心身共に良い状況にする」ということが大前提ですので、いつ来ても多少バラついても良いと思います。

そこは全てひっくるめて、その日その時の施術方針を考えてていきます。

ここの記事を見ている時点で、他院様や色々な病院を回られた方も多いと思います。30代後半もしくは40代の方も多いと思います。1療程を受け切る気持ちだけは持っていただければと思います。

必ず変化は出ます。

1療程中に授かる時も多いですが、1療程後の2周期で良い結果があることも多いです。

体の変化などもわかりやすいので、できれば定期的な間隔で来られるコトをお勧めします。

生理前・生理中・生理後などについても、特に問題はありませんので、いつでもご連絡ください。

当センターについて

 此方のブログタイプのページをうまくアップできておりませんでしたので、改めて今までの分を修正し直して改変していきます。

 また、本投稿以後の記事は、再度書き直しますので日付が最新のものとなりますのでご了承ください。

 

(以前からの内容ココから)

 口コミなど、極力サイトへの投稿を遠慮していただいている治療院の為、皆様の検索にご不便をおかけしています。

「この縁が必要であるかないか?」

そう感じた場合、このページを見ている時点で皆様とのご縁があるという結果ではないかと思います。諦めて?一度お電話ください(笑)。

 

では、当センターについてお知らせします。

富士の湧水とせせらぎの街、静岡県三島市の中心部、旧東海道沿いで三嶋大社から100m少々とすぐの位置にあります。

  • 施術所・治療院名:
    コンディショニングセンター伊豆 漢功堂大社前施術所
  • 所在地:
    〒411-0853静岡県三島市大社町8-37リエス大社町201
  • 営業(診療)時間:
    10:00~20:00(電話受付・最終受付19:00まで)
    土日も基本的には営業。
  • 定休日:
    火曜日、その他は学会や講習会・会議等による休みあり
  • 電話番号:
    055-973-6626
  • 予約方法:
    電話、来店、メール、LINE予約(再来院者用)