不妊に悩む場合、どのタイミングで鍼灸を受けるべきか?

「いつ伺えば良いのでしょうか?」

そう聞かれることが多いです。

他院様はわかりませんが、当方は先記事の通り「◯◯症・◯◯病の鍼灸治療」というスタンスではありません。

身体・心(あるいは周辺関係)を良くすることが基本目的となります。

ですので、生理前中後など諸々の事情はありますが、

「来られる時、予定が立てられた時がそのタイミング」

と思ってご連絡ください。

「内膜が厚くならない」

「採卵できない」

「着床しづらい」

「ホルモンの値が低いあるいは高い」

「生理前後、排卵前後に不調がある」

「生理が不順」

など諸々の状況はそれぞれ違うでしょう。

ですが「心身共に良い状況にする」ということが大前提ですので、いつ来ても多少バラついても良いと思います。

そこは全てひっくるめて、その日その時の施術方針を考えてていきます。

ここの記事を見ている時点で、他院様や色々な病院を回られた方も多いと思います。30代後半もしくは40代の方も多いと思います。1療程を受け切る気持ちだけは持っていただければと思います。

必ず変化は出ます。

1療程中に授かる時も多いですが、1療程後の2周期で良い結果があることも多いです。

体の変化などもわかりやすいので、できれば定期的な間隔で来られるコトをお勧めします。

生理前・生理中・生理後などについても、特に問題はありませんので、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA